会社概要

山富ロゴ
リバイブロゴ
我々が21世紀に答えを出さなければならなかった地球温暖化、環境破壊に対する保全の問題、建設廃棄物の処理等といった環境問題は、新世紀を迎えても最重要課題として残されたままです。滋賀県は、閉鎖性水域である琵琶湖の水質を保全するため、「琵琶湖周辺流域下水道基本計画」を策定し、琵琶湖流域下水道4流域1公社により下水道事業に着手しました。下水処理の段階で発生する汚泥は、様々な形で再利用されており、その中で汚泥の溶融スラグ化がクローズアップされております。
当社では、下水汚泥から作られる溶融スラグ(再生骨材)をコンクリート製品全般に有効利用した「リバイブ製品」を製造・販売しております。そのなか道路用境界ブロック等に『エコマーク商品』の認定を取得いたしました。我々をとりまく地球環境は、大きな転換期をもとめられています。このような状況下で「リバイブ製品」が、環境問題解決の一端を担えばと考えています。

会社概要

会社名称 株式会社 山富
代表取締役 山元 道男
所在地 〒520-3003 滋賀県栗東市荒張1458−1
資本金 1,000万円
沿 革
昭和45年 4月

山富コンクリート工業所設立

昭和61年 4月

現在地に工場移転

昭和62年 4月

山富コンクリート工業所を株式会社山富に名称変更
資本金500万

平成 6年 7月

資本金1,000万円に増資

平成10年12月

日本工業規格表示認定
JIS A 5372 プレキャスト鉄筋コンクリート製品

平成11年 6月

エコマーク商品認定
リバイブブロック  認定番号:第99109006号
道路用境界ブロック (地先境界ブロック A)

平成12年10月

エコマーク商品認定
リバイブプレート  認定番号:第00109038号
舗装用平板(300×300×60)
平成16年エコマーク表示使用辞退

平成15年 5月

エコマーク商品追加
リバイブブロック  既認定番号と同等(同一)
道路用境界ブロック (地先境界ブロック B)
道路用境界ブロック (地先境界ブロック C)
道路用境界ブロック (片面歩車道境界ブロック A)
道路用境界ブロック (片面歩車道境界ブロック B)
道路用境界ブロック (片面歩車道境界ブロック C)
道路用境界ブロック (両面歩車道境界ブロック A)
道路用境界ブロック (両面歩車道境界ブロック B)
道路用境界ブロック (両面歩車道境界ブロック C)

平成16年10月

京都工場増設(協和資材)

平成17年 6月

エコマーク商品類型番号109 新認定基準へ移行
「タイル・ブロックVersion2.1」
リバイブブロック地先境界ブロックA・B・C(認定番号 :04 109 132)
片面歩車道境界ブロックA・B・C (認定番号 :04 109 133)
両面歩車道境界ブロックA・B・C (認定番号 :04 109 134)

平成17年 8月

滋賀県リサイクル製品認定(「愛称」ビワクルエコシップ)
リバイブブロック (認定番号 : a-1、a-2、a-3)
リバイブボックス (認定番号 : a-4、a-5、a-6)



営業品目
コンクリート製品製造・販売
リバイブ製品(コンクリート二次製品)
国土交通省仕様桝
現場対応別注桝
ほか
学校敷地、公園砂場整備
環境整備関連工事

アクセス


大きな地図で見る

M E N U

事業所御案内

滋賀本社本社 〒520-3003
滋賀県栗東市荒張1458-1
TEL:077-558-0822
FAX:077-558-0668


京都工場京都工場〒610-0211
京都府綴喜郡宇治田原町奥山田小字大福164
TEL:0774-88-2968
FAX:0774-88-2507